植田とおるの出陣式盛大に実施

出陣式植田とおる
出陣式約600人の支援者
4月3日午前8時45分から、小雨の降る中、県議候補「植田とおる」の出陣式を、約600人の支援者にお集まりいただき盛大に執り行いました。

初めに、幸治後援会長のユニークなしかも心温まる、挨拶に始まり、御来賓の前嶋市議、地元厚原を代表して海野市議に力強い、激励の言葉を頂きました。

植田とおるの決意表明
これからの富士市発展のためには、富士市だけでは解決できない問題(内陸フロンティア構想、ファルマバレー、新々富士川橋対応など)を多く抱えています。
これらを解決するためには国・県とのつながりが不可欠です。
そこで「植田とおる」は県議5期18年半の実績とノウハウで当選の暁には即戦力で対応します。
と熱く語り、賛同の掛け声と大きな拍手を頂きました。

原選対本部長より
これまでの後援会活動の御礼とこれからの3つのお願いをし、今後とも更なるご支援をお願いしました。
そして、遊説隊の「チーム植田とおる」の紹介の後、遊説隊の安全を祈願して、妻、和代が伊勢市・猿田彦神社の火打石で愛情のこもった安全祈願を執り行いました。

必勝のエール
神輿の会・富士鷹勇会の小林会長音頭で、全員で声高らかに3唱しました。
その後、盛大な拍手に送られて出陣しました。

お集まり頂きました植田とおる支援者の皆様に心より御礼を申し上げます。

植田とおるの必勝を期して「チーム植田とおる」で頑張ります!!

伝法沢川・横堀川調整地完成

 本日、平成27年3月13日
伝法沢川・横堀川調整地完成報告会が現地富士市伝法地先で開催されました。
思えば、平成11年に伝法沢川期成同盟会が設立された2年後の平成13年に私は、名指しで期成同盟会の顧問に就任して以来、14年の歳月が流れるも孤軍奮闘25億円の県事業費を確保。富士市の事業費も加えて総額27億円が投じられた。
本日ここに完成報告会が催されるに至って、感無量の思いをいたしました。
伝法沢川の下流域の千代田町、日の出町をはじめ小閏井川、和田川周辺に居住する住民の生命と財産を守るため地元議員として頑張ってきたものであります。
しかし、傘木地区の地権者の方々と交わした詳細の約束を実行するため私はこの4月の統一地方選に6選を目指して頑張ります。

image

後援会役員会・ダルマの目入れ

3月7日 
各地区の支援者代表(支部長)と支援団体代表(支援団体長)の会合が開催されました。 
参加者全員が一体感を持つことができた会合になりました。
終了後、大安ということもあり、スタッフ一同、ダルマの目入れに参加し、名前を寄せ書きしました。

004

同窓会

IMG_1567[1]
2月28日に昭和39年度鷹岡中学校卒と36年度鷹岡小学校卒の同窓会が樟泉閣で開催されました。記念写真にまるで恩師の様に中央に座って写ってしまいました。今回の幹事を前嶋俊司君ひとりで務めていただきました。前嶋君の計らいで2回もあいさつさせて戴き、感謝の極みです。居住地やかっての職場が違っても、いつ合っても、いつでも同い年の仲間です。