事務所開き

13日大安吉日、伝法地先において12月の決戦に向け、事務所開きを執り行いました。8時から神事、9時開始。県議会、市議会の仲間が駆けつけ、エールを送っていただきました。
本部事務所位置図

事務所開き」への4件のフィードバック

  1. 初めまして市内で運送業を営む芹澤と申します。大震災から3年になりますが、防災関係について植田さんの考えをお聞かせ下さい。最近になり各自治体でも条例化が進んでいるものに「空家対策」があります。実は私の町内でも屋根瓦が度々落ちたり、柱や壁が腐って中が丸見えになっている「空家」が数件あり、非常に問題となっております。特に道路に面している「空家」は人が往来するため非常に危険を感じます。このような「空家対策」を富士市としてどのように取り組むお考えでしょうか?

    1. 芦澤様、お問い合わせありごとうございました。
      お問い合わせの内容は1:震災対策、2:空き家対策として返信させていただきます。

      1、震災対策については政策の5の中にあるように、防災・減災の弱点を再検討、効果的な津波・火山災害対策をソフト・ハードの両面から促進します。

      2、空き家対策については、現在、市議会の中おいても議題に成っています。解決するには多くの問題がありますが、市民の安全を維持するには早急な対策を取りたいと思います。

  2. 初めまして。富士市在住の者です。
    先日、植田さんの富士市への思いを聞かせていただきました。その中で新富士インター近くの開発についてですが、広大な土地があるので医療関係施設を作りたいとの事でしたが私には、やはり、がんセンターとの関係性のため難しいと思われます。それよりも、御殿場のアウトレットのように商業施設誘致の方が老若男女、県内外の人がきて雇用も生まれると考えます。私が誘致したら良いと考える企業は外資系のコストコです。富士市民は、わざわざ横浜方面まで高速で出かけて行きます。県内にはなく、富士山観光とのセットで富士市にお金を落としていただくツールになると思います。お考えいただけたらと思います。

    1. ありがとうございます。
      私の考えと同じです。企業名も同じ。
      ただ、場所は限られていますので、富士市にとって一番よいものを実現させたいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です